札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2022年11月29日火曜日

CTO3

 昨日も、LADのCTO長さ3cmの#6のCTO

最初から、長いルートを3Dワイヤリング

枝から入り口を確認してgaia 2で、まわさず、penetration.

すこし縁かなとおもったが、石灰化の中なので、よしとする。マイクロを近づけて。そこから、CTO部分の軸をある特殊なプログラムで計算して、RAO30  caud 30とLAO20 cran 30で 3Dワイヤリングで開始。ガイア2ndでドリリングなしですすむところまですすませて、それでなんとかターゲットの1cm手前まできたが、マイクロをすすめてバックカップをとるも、ガイア2ndが進まなくなった。通常ならドリリングで推めるも、ドリリングは、3Dワイヤリングにはよくない(せっかく決めた方向からズレる可能性が高い)ので、惜しまずガイア4に変更そうるとと、手前1mmまでドリリングなしで、近づきました。しかし、その後石灰化にはじかれて、デフレクションしてしまいペネとレーションできず、手前から別なルートからトライもDx側に弾かれてしまい、そこからfalseに入ってしまいました。

ここまでのワイヤーは3Dワイヤリングのために、セカンドカーブはつけず、オリジナルで


IVUSガイドTDADR

ワイヤーをミラクル3Gに交換して、バルーン1.5のあとに、テルモIVUSAOで、確認、丁度石灰化のあとから、falseに入っており、GAIA4でセカンドカーブをつけてTD法でfish mouseのtrue lumenを石灰化の直後から差し込み、その後見事先は、trueを一部通過してから、またfalseに抜けてしまい、trueルーメンのところにIVUSをおして、マイクロが入ってきてブラックアウトするところで、マイクロをさらにすこしススメ、シオンブラックに交換。最初出口で抵抗あり、マイクロを少し引くとスルスルとtreu lumenにスワイプできた。

で、CTOの部分のfalseのところだけ、ステントでカバーして終了。


この方法のいいところは、falseの部分を短くできるので、そこにだけステントをいれれば、慢性期は、解離部分は修復されて綺麗になると予想。


サマリー ガイドは7FRでbackup優先。3Dワイヤリングの軸と角度を前もってきめることが重要。ドリリングは最後の手すべて、押すのみ。ずれたら、パラレルにいかず、TD法に、これで、手技時間は2時間以内にスムーズに終わる。

レトロなしの時代が近づいているかも、でも、やはり石灰化が邪魔になる。



2022年11月27日日曜日

一理ある。

 いまの日本の問題は、同調圧力がつよいこと。多様性に対する寛容さがすくないこと。そのために、おなじことをしないととても圧力がつよい。


しかし、そのおかげで僕みたい人が生き残ったともいえる。僕みたい人がたくさんいたら、僕はもっと努力をしなければ、ならない。うんこれは大変。

とも思う。

僕はいまのまま、働けるだけ、働くだけ。

ネット社会の功罪

 ネット社会になり、情報がとても早く入手が可能になり、かつ情報の拡散が用意になり、当院のこともしってもらえるようになり、よかったと思います。そして新しいいろんなことが、現場にいかなくても手にはいるようになった。本当に感謝です。


しかし、その反面として、他人がなにかをしていることがよくわかるようになったので、他人がなにかしていることを気にする人は、すぐに反応してしまう。日本人に多いがその一つが炎上ということでしょう。

F1の元王者がレンタルのGTRで、いろんな動画をあげたらしいが、スピード違反は、スピンさせるなどの迷惑行為をしたことがネットで騒がれていた。個人が楽しんでそれをネットにあげただけの行為を、スピード違反だとか、どうだこうだとか、とてもどうでもいい話です。

このように他人がやっていることから学びではなく、気になってしょうがいない人は、ネットをやめたほうがいいと思う今日この頃です。


ネットに感謝。

2022年11月20日日曜日

CTO

 CTOの治療において、いろいろなコンセプト、デバイスの開発で進化してきている。その大きなものが、レトログレード方法であろう。出たときは、これですべてのCTOはほぼ治療できると思って、レトロチャンネルを安全に通過させる方法を研鑽し、合併症対策も十分にしてきたが、よく考えてみるとレトロチャンネルのperforationとか、レトロのシステムの虚血とか色んなことが起きるので、それをいかにマネージするかが、重要であった。

しかし、それは危険を犯しているということである。

ある海外の先生が、epicard- channelを使うことをクレージーといっていた。僕はできるが、やはりリスクを犯してやっているということだ。

やはり、前から通過できたら、こんなリスクを犯さずに治療が可能ということです。

TD-ADR

 LADの石灰化病変の症例で、CTOであったが、falseにいってしまい。IVUSでやろうとおもったら、なんと石灰化があり、テルモが入らず、2.25で拡大したが、ダンベルがのこりロタが必要と判断。ただ、CTOであり、まだワイヤーがリクロスしていないので、ここでロタはできないと考えて、bostonつかうと通過したが、先端からの見えるところがながく、ワイヤーがなかなか操作できず、GAIA4が抜けたよるにみえたので、マイクロをいれて造影するおtrueであり、しめしめとおもって、IVUSしてみると、先端でSTARでぬけていました。このまま次回のためにバルーンしておわるかとおもったが、手前のロタをしておいたほうがいいと間げてロタをして、バルーンで拡張ができた。やはり、STもあがるので、STAR抜きでは不十分と考えて、テルモのIVUSが入るようになったので、石灰化の裏側からワイヤーをいれて、石灰化直後のtrueにコンクエストSTが見事はいり、その後しっかりtrueから先がfalseに抜けていたので、trueルーメンの場所までマイクロがブロックアウトするところまでIVUSガイドでいれて、シオンブラックにswapして大成功でした。


7fr TDADRはレトロをなくすかしれないですね。


でも、CTOの難しさは、最後は石灰化というところはTDADRでも同じ。早めのロタをしたほうがよかった反省。でも、またうまくなった自分に感謝

2022年11月16日水曜日

いやー目から鱗だ。

 IVUSガイドCTOを以前からやっているが、IVUSの画面から、アンジオの透視画像にかさねて、その向きをきめて、そこにワイヤーを通過させていき、それをIVUSで確認するという作業をしていた。

IVUSを固定しているので、ワイヤーの向きを確認するのは、アンジオに透視された自分のイメージで透視をみながら、ワイヤーをすすめていく。そして、false からtrueに抜くことは、むりで、trueをIVUSガイドで取り直す方法でした。


しかし、なんと岡村先生の方法は、IVUSを動かすことによりワイヤーの向いている走行を理解して、そのチップの方向を理解してワイヤーをすすめていく。基本的にいままでは一人でやっていたので、IVUS固定していたが、動かすことで、血管のなかのワイヤーの走行がわかるそしてどちらに動かせばいいかもわかる。透視もいらない方法です。


で、かつfalseから、Trueにワイヤーが抜けるとのこと。これは、IVUSで正確にtipの向きをIVUSを助手が常に前後に動かすことにより、ほぼ、同時に手技を止めることなくワイヤーを操作できるようになったということ。


それとワイヤーの進化、コンクエスト12STとGAIA4により、穿通力が強くなりADRが可能になった。穿刺後速やかにtrueまで、finecrossをIVUSガイドで進めて、stick&swapができます。

それとテルモIVUS AOとfinecrossであれ、7Frコンパチブルであること。


この3点が画期的です。目からうろこです。これで、すべてアンテで通過できそうです。

原口の話たら、同じようにこんなことなんで気が付かなかったと悔しがっています。


早速、一例GAIA4で成功しました。びっくりです。ADRできました。それも瞬殺でした。

岡村先生はSTなので、GAIA4で可能なら、Stick Diveをトライしてみたいし、false- true-falseでも、IVUSガイドfinecrossチェンジで、stick&swapして、時間短縮を狙います。

老害と年齢差別

これは、微妙である。年齢を重ねることによる知識や技術の成熟は否めない。それを、年寄りだからといって交代するのは、いかがなものか? それこそ、性差別を変わらない。そして歳をとるだけで、老害扱いされることに疑問がある。しかし新陳代謝をするのであれば、交代は必須である。以前から書いていますが、僕は自分が歳をとり、老害になりたくないという思いがとにかくつよい。しかし、技術、知識ともまだまだ成長している自分がある。で、いいことを思いついた。自分ができて、人に迷惑をかけない部分に関しては、自分で引退の線引きをしてもいいのではと思う。具体的には、カテーテル治療や外来などである。しかし、組織やチームをひっぱる立場すなわち、院長、CEOなどのポジションは、人に迷惑をかける可能性があるので、自分の能力がまだあるに関わらず、年齢で交代すべきと決めた。

カテーテル治療は、ずっとできる限りはする。で、そこに成長の喜びを死ぬまで享受したい。そして自分の思うように自分ができなくなったときに、自分で引退を決める。しかし、理事長、CEOは、遅くとも70歳、できれば、65歳で線引きをする。


85歳までカテーテルやっていたら、奇跡かも。


だから、人生は面白い。


2022年11月9日水曜日

コロナになった。

 初めてなりましたが、これは症状は若い頃になった肺炎なみのだるさですね。そしていま10日目ですが、やっと症状が完治した感じですが、ながびくね。


今日は、久しぶりに朝の回診をしたが、やはり患者さんをみるのは元気がでる。いつも以上にさくさくと診察を終了。


でも、抗原がうっすりでるので、自主隔離中。


外来も任せられるし、カテーテルもそれなりにうごいている。ありがたし。


2022年10月30日日曜日

いい表現だ。

 いまの時代は、選抜するだけのパイがすくなくなってきたので、育成が大切であるということらしい。ぼくらの時代は、パイが多く選抜された能力の高いものが、自己学習で上に上り詰めたらしい。

パイはすくなくなったとしても、そのエリアを日本、そして世界に広げたら、まだまだ、選抜されるべき、能力の高い人がいるはずです。そのような人を発掘していくことが、今後の当院には、必要。


そのための機会として、CTEC(心臓血管ライブ)をやります。

量産型ザクをしっかりつくり、そのなかで、赤い彗星シャーを発掘していかなければ、ならない。

赤い彗星を待つだけではだめなので、求。

2022年10月29日土曜日

大変うれしい。

 神戸で2022CCTが開催されています。

当院から、複数の先生が参加しています。

そして昨日、コロナリーで、鹿島先生がライブオペレーターをこなし、外科では、橋本先生が当院からのロボット手術のライブ中継をおこなっています。

鹿島は当然いつものような実力でさらっと治療をこなし、橋本は、当院のチームワークのよさと、彼の無駄のない運針さばきを披露し成功しています。

開業するまえには、CCTで豊橋でオペレターをさせてもらってことがありますが、鹿島が全国のCCTで手技を当院の看板を背負って手技を披露してくれることに、ありがたみを感じます。


そして橋本先生は、当院からのライブ中継といつ大役をこなし、全国に当院の名前を広めてくれたことを感謝します。

2008年に開業したちっぽけな19床のクリニックがここまで成長できたことに、感動しています。人って大切です。


とにかく嬉しい。そしてこれからさらに成長させていきたいと思っています。


感謝、感謝。


2022年10月16日日曜日

今日も、日曜日

 新札幌の外来です。20人以上きますね。やはり、日曜日でないとこれない人が以外と多いことにびっくり、そして、本院がかかりにくい場所にあることもここにいるとよくわかります。本当に新札幌は開いて正解でした。


ただ、朝七時二十分に本院からバスに乗って多くの職員がここにきています。それを見るたびに、職員の理解のお陰だと思います。


僕は、自分の鍛錬もあり、日曜日も休まずに働いてみたかったので、チャンレジ中ですので、いいのですが、職員はそうはいきません。


感謝、感謝。

2022年10月9日日曜日

本日は、日曜日で月曜日祭日

 次からは、月曜日が休みのときは、新札幌も休みにすることにしています。

ということで、新札幌はしずかですが、患者さんはきます。


今日も、朝六時半からの本院での、回診後に、自転車で新札幌へ。ここでは本院と違いゆっくりできる。診察も丁寧にできる。


本院のでの一日は、朝に退院する人のチェックとムンテラをして、その後に内科の患者のカルテチェックと回診をする。このときが、多分一番頭が回転している感じです。短い時間に処理する能力がとても高いのが僕の特徴ですが、この朝回診みたいなのを若い頃から続けてきたことが、トレーニングになっているのだと思います。

60超えた偉い先生のように、外来をゆっくりやり病院経営を考えなら、いろいろな接待などという王道を歩んでいないことが僕にとって、頭が劣化しない方法なのかもしれない。あと何年できるかわからないが、神様が許してくれる限りは頑張ります。

2022年10月3日月曜日

患者さんと接すること。

 僕の年齢になってくると前線から退き、外来もたまにという状況になりがちであり、僕はいまだに朝回診をして、カテーテルの指揮をしている。朝の患者さんの説明もしている。そして外来も毎日でている。


おかげで、僕も元気です。頭を常に回転させないといけないこと。あとは、患者さんと接することことにより、いろんな気づきがいまだにあること。くれぐれもよかったと感謝です。


ただ、いつまでもそれをやっているとしたが育たないという問題がある。EVT、不整脈、SHDはもう大丈夫。あとは、本筋のPCIをどうしていくか?僕の部下はみんなちょっと普通じゃない人ばかり、だから、SCVCに来てくれた。みんなここを背負っていく資質のある人ばかり、ということで、なんとかなるでしょう。


患者さんのために医療を提供して、技術を提供して、そして心も治す。


感謝、感謝。

2022年10月2日日曜日

僕の生き方

 死にものぐるいで頑張る。手を抜かない。諦めねい。努力をしつづける。


アントニオ猪木さんが亡くなった。晩年の姿もユーチューブでずっとみていた。ボロボロの姿を見せても、かっこいいと思えた。

子供の頃は、猪木の新日本プロレスが大好きで、いつもみていた。闘魂という言葉が好きで、その生き方を自分でも選んだと思います。引退するときも、道という名言を残しています。リスクを冒せない限り成功はなく、リスクを冒して進んだ道が道になるという言葉を残しています。ですから、僕はリスクを冒す生き方をそこで学んだ。そして、頑張る美しさを学んだ。僕の生き方は間違いなく、アントニオ猪木イズムであると再認識。

今の人は、そのような人が居ないことが、不幸だなーと思います。

繁栄して、衰退する文化は、過去を振り返ると、必ず文化が繁栄して軟弱化という表現が正しいかはわからないが、そのような風潮になり。最後はその文化は消滅する運命にある。

いまの日本は高度成長期から、円熟期になり、つぎは、衰退する可能性が高いそれは自然の摂理なのかもしれない。


ぼくは、アントニオ猪木が残した闘魂イズムをもって、この医療をひろげていきたいと思っています。全国から、いや全世界からその有志を集めて、SCVCを発展させないとと、再確信した。


僕のこの生き方は闘魂イズムであり、そこに徳田虎男イズムがミックスして出来上がったものだと確信した日々です。

それを若い頃に、触れられたことに感謝です。

2022年9月11日日曜日

寛容であるべき。

 人のミスの揚げ足をとったり、とてもくだらないことが多すぎです。とくにネット社会では、SNSでいろんな情報があっという間に広がります。一個人の意見が大きく注目をうけることもあります。そのなかでこそ大切なことは、寛容力です。

人をコントロールするのは、とても難しいので、基本はルールにのっとりみんなで組織の中で生きていく。そのなかで多少のことは寛容にみてあげないと、組織はうまくいかないです。


もともと僕は寛容ではなかった気がする。僕ができることが他人もできるはずなので、それができないのは、手抜きの証拠だと思い込んでいました。僕の部下は大変だったと思います。年をとり寛容になってきて、それが部下を伸ばす一つの方法だと気がつきました。

覚悟のある人

僕は、覚悟のある人が好きです。そして嘘をつかないこと。この2点があれば、多少能力がなくても、一緒に仕事をしていけます。

なにかあれば、すぐに逃げ出す人は嫌いです。覚悟がなさすぎです。子供の頃から覚悟と死ぬ気で努力をしてきた僕は、いまいろんな人をみますが、覚悟のある人が少なすぎです。

最近は、そのようなことを感じる。やはり、少数精鋭の頃が一番らくだったかしら?


時代なのか?このままでは日本が衰退する?でも、それが文明なのかも? 

2022年9月7日水曜日

腑に落ちた

 香川さんのニュースをみるたびに、なにか腑に落ちないものを感じていた。それがなにかわかるような記事があった。

外国人が今回のニュースをどうみているかという記事であった。

一週刊誌の記事で、示談になった話を国営放送を含めて企業が一切に出演を取りやめるという全体主義に行き過ぎ感と違和感を覚えるという記事がありました。

僕も同様で、刑事でも民事でもなく、すでに示談された件を、それも示談された件をリークがどうされたかも調べることもなく、一切に叩くこの全体主義にとても違和感というか?日本人のステレオタイプらしさがでて違和感がある。

お酒の席では、きれいに飲みという表現があるように、金にまかせて汚い飲み方をする人が多い。高いお金をはらってそのような場所にいってうさバラシなのかもしれない。飲み屋ではある程度容認されていると思う。酔っ払いに理性を求めるのは、無理でしょう。

人としてやってはいけないことはだめだと思うが、すでに示談になっている話を蒸し返して、香川さんを叩くこの感じはとても怖いと思います。全体主義それは、日本の以前の軍国主義みたい感じに感じてしまう。

僕は、もともとステレオタイプが好きではなく、多様性が大好きであり、それが自分に刺激になり、なんでも受け入れてしまう。

法を破ることは、だめ。でも、人間だから、魔が指すこともあると思う。そのときに、今回のようにみんなで叩くのは、僕は遠慮したい。失敗や反省から人間は成長する。最初から仏のような人はいない。


腑に落ちた話でした。

2022年9月4日日曜日

日曜日の新札幌心臓血管クリニック

 日曜日に外来をやると決めて、これは画期的と自画自賛していましたが、そのためには多くの職員の協力が必要です。いまも、僕をいれて9人くらいのスタッフが仕事してもらっています。

日曜日にやってよかったこと。

1)日曜日にしかこれない人のためになっていること。

2)交通の便がいいので、札幌以外からの人が僕に会いにきてくれること。

3)患者さんをゆっくり診察できること。

4)思いのほか重症な人がいること。

5)感謝をとてもされることなど。

本当にやってよかったと思っています。

日曜日外来をやめれなくなりました。という感じですかね。

2022年9月2日金曜日

失敗が許されない日本

 不祥事を起こした。その後のセカンドチャンスはなかなかない日本。そして、その不祥事も過去では許されたが、現在のコンプライアンスではというものまで、聖人君子でなければ、いけないような雰囲気。それが間違いなく日本を衰退化させたと思う。それがいいかどうかは、わかりませんが。僕は好きではない。このようなコンプライアンスに厳しいアメリカのようにうまくいかせるためには、能力主義を徹底する必要があると思うが、日本ではそれができていないのに、コンプライアンスばかり重視して、能力のないいい人しか残らなくなります。

才能あるものと聖人君子は別物。

人のいいところと、わるいところ、どちらの見るかが、重要です。人の悪いところだけをみて、あーだーこーだいけば、人は育ちません。


当院は、いいところを伸ばせるような文化にしたいと思っています。当院では、一度の失敗などは必ず許します。しかし、同じことを反省しないでしたものは、去っていただきます。

SLDC 札幌ライブ

 今日から二日間当院から、ストラクチャーライブと、EVTライブを発信します。コロナで今ひとつの盛り上がりでしたが、当院の先生方は、とにかく自分達がやっていることを日本中にみてもらいたい発信していきたいという意気込みが素晴らしいです。SNSでもどんどん発信しています。

全国レベルという表現が正しいかどうかはわかりませんが、自分達は最高の治療を患者さんに提供しているという自負はとても大切です。そのためには、世界から学び研鑽しないと維持できません。そしてそれが患者さんに結果いいことをすることになります。


当院には、他の病院でお手上げの人がたくさんきます。そのときに、内科、外科で最高の治療を提供できる状況をつくることが僕の目標です。

PCIもしかり、他で治療ができない病変を治療してよくする。そのためのロタの技術であり、CTOの技術でもあります。


患者さんのために最高の治療が提供できるように技術を研鑽することが結果、とても上手なオペレーターになることになると思います。


今回ストラクチャやEVTはまさにその感じがでていますね。頼もしいです。

この会はもともと佐藤先生を中心に立ち上げた会で、札幌から、技術をみせつけようという会でした。その意味では今回は治療が北海道中心に戻っているので、いいことだと思います。


圧倒的実力をかっこよく、見せつけてください。

で僕は、何をするかというと、そのようなやる気のある先生をサポートします。

最高の設備と環境を整えます。


この二日間は、地味に外来とルーチンカテーテルをみんなに迷惑かけないようにやって、サポートします。