札幌ハートセンター

札幌ハートセンター
Dr Fujita's blog. Enjoy it

2024年3月1日金曜日

RCA OS calc CTO191

 antからgradiusuがConusに入り、その後RCA#1にワイヤーが追従したが、subであるが、OSの石灰化がひどく、無理できず、retroをトライも、#1、#2#3のsepすべて、distalで通過せず、次回かかったので、半年後に再トライで、考える。LAdに狭窄があったので、LADをDCB

で終了した。

CTO190. LAD cTO

 LAD CTO. mini 34

LAD SPB  sion gradiusが通過せず、Miracle12でpenetrationしたあとに、Gradisusで進めるも途中で通過せずにsion blackのナックルに変更。そのときのMCの造影剤で、血管がそまったので、falseの血管ないを確認して、DXにワイヤーが通過したIVUSではLADは、DXから繋がっていたので、RWで通過させて、ステントいれて治療した。


ADRがDXにその後に、RW


https://youtu.be/zEGm2pANkEc

2024年2月29日木曜日

CTO189

 RCA #2 CTO. mini33

#3から#4の分岐部まで閉塞

CTO

#3のCTO部分で奥にいけず、IVUSでさせる部分がなかったが、CTObodyは、2回TDADrでintimaには撮り直した。しかし、TLには誘導できず、intimaの部分を2mmでバルーンをかけたら、anteからflowがでたので、終了した。


時間がたったので、investでflowでたので、終了とした。


3ヶ月後に再治療。

TDADRsuccessもdstalで抜けず、終了。

INVESTMENTケース

2024年2月28日水曜日

2024年2月27日火曜日

CTO187

 RCA CTO. mini 31

AL. sion black gradiusがfalseになり、奥をナックルで広げて、TDADrで手前から通過させたら、簡単に通過した。しかし、hematomaが大きく、#4AVが閉塞したので、そちらも、STARで通過させた。その後にflowがよくなったので、終了した。



https://youtu.be/RXa2gwXlZ3o

2024年2月26日月曜日

CTO186 RCA ISO

 CTO186. ISO. minimalistic 30


AL1でワイヤーをいれたが、シオンが通過せずに、gradiusu で途中まで入ったが、その後にtip injectionで抹消がでたので、そのままシオンからグラぢウスに#4PDにワイヤーをすすめたが、コルセアが通過しないので、よこから、ナックルで#4AVにぬいて、ワイヤーの状態を確認したが、ワオイヤーがステントの外であった。その後にIVUSで#4PDをさすも、むずかしく、プラークから、さしたら、させた。


#3までナックルでやって、そこでTDADRしたら、通過した症例であった。


不用意に時間がかかった。


https://youtu.be/aLmYnkNFIfE

2024年2月24日土曜日

GW 定点回し

 GWの先端を固定しながら、ドリリングをすることは、むずかしい。ワイヤーの先端を固定されたら、ワイヤーを注意深く回して、先端がはずれないようにしながら、回していきます。そしてワイヤーを押し引きしながらすすめていきます。



https://youtu.be/aSbVMJOMiRw

2024年2月22日木曜日

CTO185 LAD CTO

  CTO185

LAD  minimalistic 29

graidusで、falseできた。

TDADRで通過した。 右にTLあり、easyケースであった。


https://youtu.be/zAXP6cxYC1w

Emergency case

 RCA os dissecting  no flow

Kuckleでおくにいれて、IVUSで奥にTLがあるので、シオンブラックをいれて、その後にCBをスキップしならがら、治療して、手前にステントをいれた。

#4AVのflowも悪く、CB2.5でfenestration した。


IVUSガイドrerouting. bail out. CB3.02.5のfenestration .

2024年2月21日水曜日

CTO184

 CTO184

LCX pst investment minimalistic 28

sion black が通過せずに、tip injectionで確認して、TDADRで通過させた。

その後にバルーンでtrue が壊されて、一部falseにワイヤーがいってしまう。バルーンで奥で、広げて treuからfalseにぬけてしまう現象がおきた。


https://youtu.be/VvaUp01ExJs

2024年2月20日火曜日

2024年2月19日月曜日

CTO181

 CTO181  DX CTO minimalistic 25


gradiisuが通過して、その後シオンで通過させた。

ロタ1.5でCBで治療した。

2024年2月17日土曜日

2024年2月16日金曜日

CTO179

 CTO179CTO 179 RCA post TAVIのRCA calc CTO ミminimalistic 24

シオンブラックが通過して、ロタしてCBDCBで今回はみた。

CTO178 RCA

RCA cTO. minimalistic 23. AL1 7fr.  GradiusがISOの外にいくので、UB3 GAIA4で、ステントの中に導いて、2方向でコンフォームして、シオンブラックでナックルで通過させた。

ISOをナックルで治療できた。症例。


 Reattemped referral patient.

https://youtu.be/Hi92YeymeWI

2024年2月15日木曜日

2024年2月9日金曜日

CTO176

  CTO176LCX ISO calc. minimalistic LAD. 21 ADR STAR rota


7FL  SPB. LCXにIVUSで、CTO入り口が石灰化であり、4.0でバルーンをかけて、move the capして、その後にgradiusuが入らずに、バルーンアンカーで、M12Gでステント内に挿入させた。その後バルーンで抑えて、ワイヤーをグラデイィウスでパワードナックルでつうかさせた。運良くTLであった。

バルーンがふつうかも、mogulthinが通過して、rota1.25/1.25 CB2.5. DCBで終了した。


CTO176
https://youtu.be/gdVhcQc5Rmw

2024年2月6日火曜日

CTO175

 CTO175LAD. minimalistic LAD. 20 対側うってしまった。

LAD. CTO. sionblackがSEPに抜けた。しかしその先がfalseから、2ndSEPに抜けた。TDADRでLADを抜こうとしたが、石灰化で見えず、STが通過しところが確認できず、対側を造影した。ところout of vesselにワイヤが通過していた。UB3でLADのsubをつくって、TDADRを再度試みた。一部皮一枚のところで、通過しておくででてしまった。IVUSで入っているところまでマイクロを引いて、シオンブラックが通過した。

SIの処理がsqueaingでしなかったので、flow がでず、CBを必要とした。

TDADRは最後は、断線したので、テルもに交換した。


反省、SEPでのTDADRは、よくない。石灰化でみえないところはさすべきでない。


https://youtu.be/_prMX6xElRc

2024年2月5日月曜日

CTO174 LAD ISO

 LAD ISO174 minimalistic19

GAIA2 3Dでステント中を通過させて、シオンブラックにスイッチして通過した。