札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2022年6月30日木曜日

カテーテル治療について

 我々の治療は、そのコンセプトに基づいて治療を簡単に確実に安全に終わらせることが可能になった。ただ、難しくなるとそのコンセプトからずれることがあり、その時に初期コンセプトを捨てて新しいコンセプトにすぐに乗り換えれるか否かが、重要だと思います。

最終目標はコンセプトを貫くことではなく、安全に確実に成功させることが重要だと思います。

ゲームではないので、我々の治療は患者さんにより、病変により、いろいろなことが起きます。そしてそれを人力でやっているわけですから、そのブレはさらにひどくなります。

個人的に思っていることは、治療していてコンセプトから外れたら、すぐに次の手をどんどんだしていけるかが、重要だと思います。そのときには、なぜ外れたかなぜ、理論道理うまくいかないかを瞬時に判断する能力も大切です。その判断をもとに、次の新たなる手を瞬時に打つ。その繰り返しをいかに早くできるかが、手技をすばやく成功に導く方法だと思っています。それができない先生だと、同じことを延々と繰り返しして時間ばかり食うとても、美しくない治療になります。

自分が考えていることを、カテーテルを通じて正確に再現できる技術も当然そのためには大切です。

患者さんでそれを試すことは、できませんから、以前にも書いた、脳内シュミレーションで鍛えるのです。

2022年6月27日月曜日

治療について

 カテーテル治療は、すでに完成の域に達しているので、いわゆるコンセプトをしっかり理解しながら治療を組み立てていくことになる。それが誰でも治療が可能になってきた証拠である。しかし、問題は、そのコンセプトから外れることがあります。そのときにいかに新しい治療法を瞬時に提供できなければ、その後グタグタの治療になってしまう。

心臓の治療は、やってみないとわからないというのが、僕の考えで、それはコンセプトから外れても、十分に対応可能な懐の深さをもっているともいえる。それが、ちゃんとできることが、カッコいい治療を見せれるのではないだろうか?

2022年6月25日土曜日

圧倒的な実力を見せつけれるようなライブをしないといけない。

 僕からみて、素晴らしいと思うようなライブはどんどん減っている。それは自分が成長したのか?周りが、成長していないのか?わからないが、若い頃にみていた圧倒的な勉強になるようなライブは全く見当たらなくなった。唯一あるとすれば、you tubeでのbrialkisの治療の動画くらい。

来年の3月にSCVCからのライブを始めます。それは忖度のない、実力のあるもののみしか発信できない場所にしていきたいと思います。我その資格ありという先生は連絡をください。

2022年6月22日水曜日

生き延びた

 実は、三週間まえに通常の検診をうけてきました。いつものように内視鏡、エコー、ペットCtを受けてきました。なんと、右の大腿にPET陽性の腫瘍がみつかりました。素人の私は、そのペットの結果を待ってから、病院を受診しようと思っていました。当然、悪性腫瘍ではないかと懸念して、転移はないから、足を切るだけですむだろうか?しかし、ペットでかなり濃くでていたので、悪性度は高いと思って、死などを考えながら、いつものように結果を待っていました。結論は、神経鞘種でした。経過観察となりました。足も切らなくよいし、死はのびた感じです。

今回は、やはり死を意識したので、右足がなくなれば、自転車と自動車に乗れなくなるし、旅行もいけない。カテーテルは、ロボットPCIを導入したので、足がなくても治療はできる。手でなくてよかったと思い。不思議なことに、PET陽性と言われた日1日は落ち込んだ感じはしましたが、日が経つにつれ、なるようになるだろうといういつもの楽観的な考えになり、いつも以上に時間を大切にできました。

結果良性でしたが、やはり貴重な残された時間をしっかり使っていきたいと再確認です。やはり、ぼくには、この医者という仕事もしくはいまや趣味をまだまだやっていきたいみたいです。


みなさん、検診をうけましょう。

2022年6月21日火曜日

TESLA registry

 TESLA registryという、ヨーロッパとアジアでやるrobotic PCIの研究に参加します。ロボットの可能性を今後とも、精進していきたいと思います。

やらなければ、わからないことはたくさんあります。それを発見し、改善するところに、技術の進歩発展があります。


座って放射線を浴びないでの、PCIは最高です。

2022年6月20日月曜日

昨日みた映画

 集団左遷という2000年頃のバブル期の不動産会社で、バブルが初めて人員整理をどうのりきるかの映画でした。おどろいたことに、3LDKのマンションが8000万とかで売られている状況でした。いまより高いかもしれません。バブルの頃は、医者になって研修医3年からNCVCにいって、それから東徳洲会に戻ってきて三日に一度の当直をしていたので、どこがバブルで、どこで弾けたのかも知りません。ただ、年末の忘年会のタクシーが捕まらなかったのが、どんどん簡単に捕まるようになって、バブルが終わったことを感じました。その頃は、医療界もバブルだったんでしょうね。薬の説明会と称して、そのあとに、食事会と飲み屋さんがセットでした。僕はお酒が飲めないので、ご飯だけでしたが、僕の知っている先生でそれでなんとなく身を滅ぼした人がいました。

いい時代に生きてきたと思っています。

いまは、多様性の時代になったとはいえ、あーだこーだの意見に左右される窮屈な時代になったと思っています。

多様性って、法律にふれない限り、人の道に外れない限りは、なんでも許されるというか、それを容認するのが、本当の多様性だと僕は思っています。

年寄りが説教することも、その年寄りをくだらないと言うことも、すべてOKなんです。そうすれば、自分が責任をもってやっていることに他人が口をださなくなるとても住みやすい社会になり、社会も伸びると思います。

2022年6月14日火曜日

必要なスキル

 仕事に必要なスキルは、やはりセンスなんだろうか?どうして他の人が自分のようにできないのかが、いまだに不思議でならない。カテーテル治療も、内服治療も、自分が入力したことが、どのようになっているかを推定するだけで、答えに導ける。数学のような感じがします。それをどれだけ、入力出力をすばやくやって、正解にもっていくかだけです。CPUの性能をよくすることですね。自分を振り返ると、中学で意味もなく英文タイプライターでの文字打ちのトレーニング、ギターのトレーニングなどいま、器用な指先に魂がやどっているのも、このおかげかといつも思っています。あと、ずっと自分より能力の高い同級生、先輩がいたことが、自分を高めるためにとても役にたったと思います。


やはり、謙虚な努力しかないというのが、僕の結論ですかね。

2022年6月10日金曜日

僕ら仕事とは?

 やはり、目の前の患者さんのために、最高の技術、知識を提供できることだと思うんですよね。僕の知り合いに海外に治療に日本一行っていた先生がいるのですが、なんといまは一切病院からでないで、僕のようにずっと病院にいるそうです。僕もここを開業する前は、海外とか日本全国に呼ばれていろんな治療をしてきました。それが自分のスキルアップにつながるので、よかったのですが。やはり、病院にいないで外にでての仕事の意味って何と感じることがあります。前回も書きましたがオンサイト学会がいいなんて思うのは、どうなんだろう。

学会があるので、病院を留守にします。その間誰が患者を守るのか?オンサイトでなくても、できるようになって本当によかったと思います。

僕もCVITのランチョンで発表するので、オンサイトでしかダメということで、日帰りで東京にいきますが、SCVCでの仕事が1日できません。本当に無駄だと思います。

来年の3月に当院からSCVCライブをやります。それはオンサイトよりも、ウエブで全国に配信していきたいと思います。


2022年6月9日木曜日

残念なことがある。

 アフターコロナの学会がどうやら、オンサイトに戻ってきている。ウエブもないのもある。

ウエブだと見たい時間に参加して、拘束時間がとても少なくすむ。


オンサイトになると、移動時間で二日かかり病院の業務もできなくなる。コロナの前はそれは普通だったから、仕方ないが、いまから戻るのは、とても時間の無駄のような気がする。せっかくなので、ウエブと並行して選択できるようにすべきだと思う。

なんで、わざわざ集まるのか?なんとなく理解はできるが、時間がもったいなくないのだろうか?不思議です。

2022年5月18日水曜日

時代が変わるのか?

最近あった話、他の病院でかかっている患者さんが苦しくなり、手術予定であったにも関わらず、満床で断わられて、当院に入院。その後よくなりその病院に転院。夜間に受けてくれないのにかかわず、その病院に戻る選択をした患者さんをみて、断られても、その病院を信用している姿に感動しました。その後手術を受けられて退院をして、二日目に、具合が悪いといって、同じように断わられて、当院に搬送されて入院。傷をみると2か所あり、炎症反応も高く、感染症が疑われました。翌日にその病院にすぐに戻しましたが、その日に亡くなったという報告をうけました。

主治医であるならば、まして治療をしたのならば、調子の悪い患者さんを断っていけない。それを痛感しました。僕らは神ではないので、同じような経過をとる人がいるかもしれない。でも、やるべきをしっかりやれていれば、力不足を感じるだけである。

日本人は、先生にすべてお任せしますといって、任せてくれることが多い。だからこそ、自己犠牲をしても患者のために、24時間対応しなければ、申し訳なく思います。

ただ、時代がかわり、医者の働き方改革で、月の働く時間も制限されてくる。そして患者さんにも、インフォームドコンセンをしっかりしなければ、いけない時代になってきた。
アメリカ式の契約での治療という形になる方向になっている。そこにはドライな関係が見える。

患者さんのために、任せてくれる人には、150%の力で頑張ってあげたいそう医師であるために、僕はこの病院を作った。

亡くなった患者さんを診て、患者さんをこんなに断られても、それを信じて、大きな手術を受けてくれているんだと、痛感。そして当院のよさがアピールできたらという、力不足も痛感。

僕は60過ぎたので、働き方改革から遠いところで、ガンガン死ぬまで働こう。

2022年5月16日月曜日

いいこと思いついた。

 当院は、内科は、PCI、EVT,CA、device, SHD、外科、コメディカル(放射線、検査技師、ME)、看護部とも充実しているので、

学術集会をやろうと決めた。


目的は、当院の内容を医療関係者への周知と、医療関係者のリクルートにある。


いいアイデアだ。

2022年5月12日木曜日

ブラックペアん

 最先端の技術により、より安全に患者さんに診断、治療を提供できるのは、間違いない。しかし、いまだ、人が関与する限りは、そこに人による差は必ずある。僕らは、最高の医療を最高の技術で患者さんに提供できる病院を目指している。

それが、ダビンチであり、ロボットPCIである。


仕事ができることのありがたみ

 色々なニュースがあるなかで、朝礼、着替えの時間も労働時間にはいるのか?という質問があって、回答をみた。当たり前だが、業務の命令であれば、それはすべて労働時間になる。日本はもともと契約社会ではなかったので、信頼社会であり、会社もみんなで会社をよくしていこうなんてモードがあった。しかし、このような問題が提起されるということは、すべて法律で動かなくてはいけなくなり、逆に労働時間に対してもそれを遂行できない人は、契約解除という厳しい世の中になってくるのかもしれません。


ぼくは、仕事は、生活の糧と自分の鍛錬するものとおもっているので、仕事があるありがたみを常に感じています。

契約社会になっていく、これからの組織をどうモチベーションをあげながら、職員をひっぱっていくか、腕のみせどころですね。

僕はどんな時代になっても、職員を守る経営をしていきたい。

2022年5月5日木曜日

還暦

 今更だが、還暦になってもなんとも思わなかったが、同級生が定年を迎える姿を見たりすると、自分より年上の人は、ほとんどが、現役引退状態であろうということが推定されます。僕は現役だけど、これから会う現役の多くの人が後輩になるということがわかります。

恐ろしい話です。普通なら学びの姿勢がなければ、劣化しそうです。中学、高校、大学、医者になってからも、ずっと上がいて、優秀な人がいて、常に勉強、学び、きずきによって成長することが今もできています。

もしネットがなければ、僕の学びはとても少なくなりそうです。SNSのこの時代だからこそ、常に学べることに感謝ですね。

2022年5月3日火曜日

年よりの長話。

 若い頃は、目上の人の話を聞いてそれを自分の知識にすることがとても好きでした。しかし、欠点がありました。話が長いこと。同じことを繰り返すことです。ですから、なるべく話を聞くときは、立ち話にするように気をつけました。そして自分が年をとったときには、長話は止めよう。自分でよかれておもっても、聞かれたこと以上のことは、なるべく喋らないようにしようとおもい、いまに至ります。

長く座り込んで、話をしても、それが建設的ならいいが、そうでないことがほとんどのような気がします。

年寄りがなぜ、話が長くくどいかは、どうも自分にそれを言い聞かせてるかららしいと、指摘がありました。

長話で、自分に再度納得させているそうです。

60歳を超え、定年を迎える年になり、24歳で医者になったときには、すべての人が年上であり、先輩であり、いろんな教えや経験をさせてもらったが、その先輩の多くは、リタイアしているのだろうと思うと、人生って面白いと思います。

そして、まだ学びや気づきが得られるいまの環境に感謝ですね。


いまの学び・きずきとは。

カテーテル治療で日々発見があること。ロボットPCIはとくに新しい分野であり、試行錯誤でたくさんのきずきや学びがある。論文からいろんな学びがある。朝のカンファレンスや、職員の一言などから、きずきも沢山あります。

you tubeからの莫大な情報のなかから、学びも多い。

好きな車とくに最近は、レトロカーや、マニュアルカーに乗り、学びがある。


など。


すごくあることが幸せだと思います。

2022年4月14日木曜日

決断のスピード。

 一般的に早ければ早いほど、いい。ただし、正しい判断ができるかが重要。そのためには、判断するための情報がいまの時点で十分か否かの判断がとても重要。それが早くできれば、決断も自ずと早くなる。

常に考え続けれることを習慣にしていると、アイデアがどんどんでてきます。

2022年4月10日日曜日

自分にできることは、他人もできるはず、なぜなら、自分ができるから、そして努力をすればいいだけだったから

 自分にできることは、他の人もできると信じてやってきて、なぜなら、できない自分ができるようになったのは、努力をしたおかげだと思っています。

自分は、学生の頃から自分より上の人が確実にいて、その優秀な人を追い越すために、努力をしてステップアップしてきました。

中学、高校、大学、医者になってからもずっとそうです。

凡人の僕は、努力をすることにより、いまの技術や能力を得たと思っているので、当然そんなことは、誰でもできることなのだと思っていました。

以前にも書いたが、この思いが強すぎて、できない部下がいると、手を抜いたからできてないと思っていつもプンプンしていました。

60歳に近づき、自分より優秀な人があまりいなくなってくると、気がつくのですが、自分ができるから他の人もできるということはないということです。


朝早く起きて仕事をする。こんなことは、能力でもなんでもない、単に朝起きればいいだけの問題ですが、それが普通の人はできないらしい。

疑問があれば、勉強する。ときに今はネットがあるので、簡単に勉強できる。それだけ。

カテーテル治療とかするときに、脳内で4Dでデバイスが血管中でうごくようすが僕はみえるのですが、どうもそれは特別らしい。それができると、うまくいかないときに、どうしてかが、瞬時にわかるようになるのだが、それは特別らしい。

努力を惜しむと、自分がだめになりそうで、怖いと思うのは、異常らしい。


最近、自分の異常さに気付かされる日々です。さらに勉強です。

2022年3月30日水曜日

反省なきもの

 トラブルが起きた時、ミスが起きたときに、どのような態度をとるかで、その人がわかる。

人はミスを犯すから仕方ないが、反省なきものは、また同じことを起こす。

あと誤魔化す人は、信用できない。

ミスをしても信用できる人間であるべきである。

世代交代

 世代交代は、以前にも書いたが、なんらかのイノベーションがない限りは、なかなか起きにくい。おなじ状況にあれば、経験豊富な人は、年寄りが多いから、それを若者に切り変えるのであれば、その年寄り優秀でなければ、ならない。

とういうことで、世代交代は、故意的にしないとなかなかうまくいかないのです。

僕も60になり、医者になったときには、すべての人が年上であり、すべての人が先輩、経験豊富な人であった。そこから研鑽を積んでいまのポジションにいる。どう考えても、自分を凌駕するような人は見当たらない。しかし、それではだめなので、徐々に世代交代を進めている。自分がいなくなっても大丈夫なように。

でも、残りの人生を好きなように生きていきたいという希望もある。それは、楽しい刺激的なことをやってみたいということです。そこのバランスをとりながら、世代交代をしなければならない。


僕も若い頃は、年寄りが邪魔だった。ただ、運のいいことにこのカテーテル治療の成長期に同時に成長できたので、上を越すことができたと思っています。

いま世代交代を声を高く言っている若者??が自分が年をとったときに、世代交代をちゃんとできるようになってもらいたいものである。

2022年3月24日木曜日

空間認知能力

 某先生が、外科医で必要な能力は、空間認知能力であるといっているを聞いて、僕らのカテーテル治療も同じだと思いました。僕がいつもいう脳内シュミレーションも、空間認知能力に架空のデバイスの動きを入れ込みだけなので、同じことだと思います。

外科医は見えるところ、そして影に隠れて見えないところも認知できるようになるのが超一流と言ってました。

カテーテルに関しては、全く見えない(シネ画像ではみえますが。)空間に、デバイスがどう作用するかを認知する能力がとても重要だと思います。それがマクロからミクロまで可能になります。血管をどう削っているのか?プラークがどう削れているのかを認知できるようになります。

この空間認知を鍛えるのは、やはり莫大な画像の収集による経験なんでしょうか?AIみたいことを人間はしているだけです。

新しい未知なことに遭遇したときは、いろんなことを試しながら、補正をして空間認知を高めていく感じですね。