札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2021年4月28日水曜日

コロナ差別

 当院は、発熱外来もしていなければ、コロナの患者様の治療もしていません。当然、医療関係者としてのワクチンのプライオリティは低いので、まだ、していません。発熱があっても、循環器の患者さんをみているので、レッドゾーンというゾーニングでコロナと同様なみかたはしています。

我々医療従事者は、感染のリスクは高いですが、現時点でも、患者さんのゾーニング、三密回避、マスク、手指消毒を徹底しているので、一般の方よりも、コロナに感染する可能性は低いです。そこにワクチン接種が始まれば、さらに感染への可能性は低下します。


ということで、一般の方よりも、コロナに感染する可能性が低いにも、関わらず、医療従事者ということで、差別をうけるようです。


本日聞いた話では、コロナの扱って病院に勤めているので、お子様を保育者などでは預ってもらえないとのこと。


医療従事者のほうが、感染の可能性は低いのに、なんてことでしょう。イメージなんでしょうかね。あとは、日本人らしいですよね。

異質なもの、多様性なもを受け付けれない国民性かもしれません。


しかし、コロナと戦う医療従事者が差別をうけ、仕事ができなくなるなんてことはあってはいけません。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

先生、負けずに頑張ってください。部下を励ましてください。

PS LINE動画楽しみに拝見しています。先生紹介でお一人ご質問です。
イケメンの先生が突然ヒゲをはやして、もったいないです。イケメン卒業するのですか?

医療者ドクターも事務もみなさんです、国の宝です。頑張ってください。

rotaman さんのコメント...

ありがとうございます。橋本のことでしょうか?