札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2015年7月24日金曜日

レーザー指導

当院ではレーザーを10年以上前より、積極的に使っています。最近は、当院の菅野先生が、レーザーバルーンのみで心筋梗塞を治療しています。また、ステントの再発も積極的にレーザーを用いています。

基本的には、必要以外の出張は病院経営上よろしくないと判断して、必要最低限にしています。しかし、四国は行ったことがないことと、坂本龍馬が居たこと、鰹のたたきが好きなことから、そこからの話は行くことにしています。

今回も、去年同様に高知県からのレーザー指導で、高知龍馬空港に行ってきました。
いつも、話をいただいたときには、一泊するつもりでいるのですが、やはり病院が心配でいつも日帰りになってしまいます。

でも、ここに坂本
龍馬を居たんだと思うと、とても新鮮な気持ちになります。

空港で鰹のたたきをいただきましたが、いつも食べる寿司屋さんのほうがうまかったです。

レーザー指導は、高知医療センターの細木先生がとても、スマートな手技で、さすが倉敷で8年やっていただけあると思いました。当院の若手もこのように育って欲しいものです。

2 件のコメント:

ストラト さんのコメント...

シロウトです。ポイントがずれていてすいません。
心臓カテーテルで、削ったら脳にプラークが飛ぶのをどう防いでいるのか、シロウトには、分からなく、変に怖いです。これは、きっと大丈夫なのですね。というか、死んだ人を聞いたことがないので、大丈夫なのでしょうね。
くだらない質問で、申し訳ありません。
あと、話を蒸し返すようで本当に申し訳ありませんが、下で話題になっていた、クレジットカードですが、クレジットカードを持っていなくとも、デビッドカードを導入すると、銀行のキャッシュカード払いができるようです。
色々ピントが外れており、ご無礼なご質問お許しください。

rotaman さんのコメント...

質問ありがとうございます。削ってplaqueは、赤血球以下になり、心臓を通過して静脈にはいり、おしっこででていきますよ。デビットカードありがとうございます。検討中です。

どんどん質問してください。