札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2017年6月19日月曜日

最高のバイパス。

よく心臓外科の手術に冠動脈バイパス術があります。

僕が医者になったころからバイパスはあり、その生命予後に対する効果は確立していました。

そのころと比較して、現在は外科の治療は急速に進歩しています。

初期成績の悪さをカバーするために、オフポンプによる低侵襲が導入されました。

結局 内胸動脈のバイパスは、最高の治療法となっています。

それを担保するためには、なるべく良いところと良いところをつなぐ、吻合は少なくする。
という当たり前のことが大切なのです。

複雑な手技は、その成績を悪くするし、局所をいじる治療は、再発という呪縛ができるので、PCIとなんらかわらなくなります。バイパスはその言葉のとうりバイパスさせて意味があるのです。
そして、それが一生もつようにすることが患者さんの生命を良くするのです。
PCIと同じように局所的な血行再建にとらわれることなく、バイパスさせることに重きをおくことが重要なのでしょう。

そしてそのような内胸動脈のバイパスには、PCIがどんなに頑張っても、勝てないのは、局所治療のPCIと、全体の血流を増やすバイパスでは、根本的に勝負になりません。当たり前の結果です。

そのような素晴らしい生命予後を良くする冠動脈バイパス手術を大切にしていきたいと思います。

今回、浅井教授の話を聞いて、まったく同感であり、感銘をうけました。

2 件のコメント:

Moto さんのコメント...

この懸念は非常にクールな心臓専門医

匿名 さんのコメント...

懸念とはどこの箇所ですか?
最近医学の進歩がめざましく、内科と外科との垣根が低くなってきましたね。