札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2015年8月7日金曜日

トップのお仕事

自分は、札幌ハートセンターの理事長兼医者をしています。

病院の経営、方向づけ、将来のビジョンはしっかり持ちながらすすんでいます。

いろんな問題を、必ず忘れずにすぐに処理します。
そのために朝令暮改はいつものことです。

人の話は必ず最後まで聞くようにしています。ただし、それを取り入れるか否かは、トップとして判断していきます。

我々は、これからSHDに対する治療を患者さんに提供できる施設を目指します。
外科、内科の垣根を超えた本来のハートチーム医療を提供できると思っています。

そのために人、金、物を投資しなければいけませんが、投資に見合うリターンがなければ、経営とはいえません。

リターンとは、それは患者さんを幸せにすることであり、職員を幸せにすることです。それが最終的に病院の利益として戻ってくると信じています。

SHDをするためにハード、ソフトはある程度問題なく可能だとおもいます。
この素晴らしい治療をいかに北海道の地に広め、沢山の必要な患者さんが恩恵を受けるようにしていきたいと思っています。

その仕組みづくりがトップの仕事だと思っています。

将来への夢に向かった頑張ります。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

患者からの視点です。ハートセンターは、本当に凄いです。
将来ハートセンターの診療券で、脳神経外科や消化器科、整形外科の提携病院にそのままかかる事が出来て、カルテが共有出来るシステムを構築できると最高ですね。

rotaman さんのコメント...

ありがとうございます。そのようになれれば、地域の皆さんに還元できますね。

匿名 さんのコメント...

今月から不整脈外来が午前中だけの診療になって残念です。
半日ならますます患者さんで混んでいると思います。
仕事の都合で予約を変更したくても、行く予定の日が入れなかったら本当に困りました。
二か月に一回ならやはり担当する先生に診て頂きたいし、難しい所です。

rotaman さんのコメント...

不整脈外来については、永田先生が栄転して、人がすくなくなり、仕方なく縮小をしています。医者を増やし、外来をしっかりできる体制にしていきたいと考えています。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。