札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年11月14日金曜日

仕事

やはり、職員が増えたために、仕事の効率がとても落ちています。確認作業がたくさんの人がするせいでしょうか?

医者はエンジンです。そのエンジンが潤滑にかつ効率よく回すために、サポート部隊がいます。僕の代わりにいろんなことをしてもらって、効率をあげていくものです。
決められた時間の中で、いかに効率よく仕事を裁くか?そしてそれは、誰のためか?当院では患者さんのためであり、エンジンの僕を効率よく回すためなのです。
ときに、サポート部隊が自分の仕事を終わらせるために、僕の効率を落とす本末転倒なことがおきます。これは、仕事をすることが最優先であり、誰のためにどの目的で仕事をしているか?ということが抜けるとこのようなことが起きます。
裏を返せば、慮る気持ちが抜けている証拠なのでしょうが。

仕事は楽しくしたいと思っています。でも、本末転倒では困ります。


As I expected, Work efficiency  is going down because our medical stuff was increasedwe increased . One of the reasons is that one thing has to be checked by several people ,isnt it?

Doctors are, so to speak, engines. Support teams are there to help the engines work more smoothly and efficiently. My teams work on behalf of me to improve efficiency at work.

How efficiently do we work in our limited time? For whom do we work? In our clinic, it depends on how productively the teams can run me as an engine for the patients.

However, the teams make my productivity go down sometimes as a result of trying to finish their work early. This happens when they prioritize working over thinking for whom and for what you work.
To put it the other way round, it must be a proof that they forget to be thoughtful.


I always want to enjoy my work, but we must be really careful not to get our priorities wrong.

0 件のコメント: