札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年11月15日土曜日

患者さんが気になる。

札幌は雪が降り、寒くなってきました。やはり、不安からか?胸痛や血圧上昇、動機などの夜間の電話へのコールが増えています。すこしでも、安心してもらえたらと思い、電話にでています。
また、来年の年始の4日が日曜日になっています。そうすると、30日から休みだと連続6日も休みになってしまいます。3日に外来をやろうとも思いましたが、職員で連続休みを期待している人もいるらしいので、やはり30日を外来をやって、外来をやっていない時間を少なくしたほうがいいのかな?などと、悩んでいます。

当然急患含めて、24時間は受付していますが、多くの人が病院が休みだと遠慮して来ません。そのために、病院を正式に開けておく必要があります。

やはり、患者さんや地域の人から信頼されるクリニックでありたいと常日頃思っています。困ったら、札幌ハートセンターに行けばなんとかしてくれるという認識を広めたいと思っています。そのためには、宣伝だけではなく、実際に患者さんのためになにができるか?がんばっていきたいと思っています。

We finally had snow and Sapporo is getting colder and colder. Maybe because of anxiety? The number of night calls from the patients who complain of chest pain, high blood pressure, and palpitation is increasing these days. I have answered those calls to make them feel relieved as much as I can. The 4th of January next year is Sunday. It means our clinic will be closed for 6 days in a row from December 30th.  I thought about opening the clinic on January 3rd, but I’ve heard that some staff expect longer break. Should we open the clinic on December 30th then to decrease the length of closing period? I am still concerned.

Of course, we have 24 hour-service including emergency cases, lots of people hesitate to come when they know the clinic is closed. That is why we need to keep the clinic open officially.


I always want the clinic to be trusted by the patients and our neighbors. I want to spread the recognition that Sapporo Heart Center always try their best for the patients. For that purpose, what can we do besides advertising? I will keep working hard for it. 

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

余計なことは言わないで、と非難されそうですが一言。
年末年始に勤務した人は、夏季休暇を特別に多くしたらどうでしょうか。
別な見方をすれば、別な季節に連続した休暇を消化することが難しいのかもしれません。
我が国の特徴でしょうか。

suda

rotaman さんのコメント...

年末年始の人には、特別手当をだしています。当院では休みはしっかりとれるようにしているつもりです。