札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年7月9日水曜日

クロスボス、スティングレー

欧米で、CTOのアルゴリズムで、必ずantegrade dissection reentryという項目があります。そのなかで、欧米ではcrossbossとstingreyが使われます。
欧米のライブで成功をみたことなかったので、眉唾ものとおもっていましたが、今日イギリスからHill先生がこられて、その詳細を教えてもらいました。

ポイントは crossboss単独でまわしてantegrade dissectionを作ることそうすることにより、最小の穴のdissectionスペースですむために、末梢までcrossbossをもっていっても、末梢の病変が乖離が進行して見えなくなることがない。そのような状態で、stingreyをもっていくことが、reentryを成功させるポイントだそうです。
このことが重要で、彼はそれをcontrolled dissectionを称しています。
ナックルワイヤーやSTARテクニックによるdissectionは、乖離が大きく、さきに広がる可能性があるので、アンコントローラブルとのこと。
アンテからワイヤーで乖離を大きくしてから、stingreyを持ち出しては、遅すぎるということです。末梢のSFAのCTOの我々のクロッサーの使用の仕方とまったく概念は同じです。とにかく乖離を小さく末梢まですばやくすすめていくということが大切なのです。

コントロールダイゼクションがキーワードです。とても、ロジカルでした。

早くつかってみたいです。
CrossBoss and Stingray

Algorithm of the CTO categories includes Antegrade dissection reentry in Europe and America, and CrossBoss and Stingray are mainly used.  I was little skeptical about that because it seemed there was no succeeded case at any European and American live cases, but Dr. Hill, from Kings College Hospital, UK, came and taught us the specific details today.

The point is spinning CrossBoss alone to make Antegrade dissection, and it makes smallest hall for space of dissection then CrossBoss is possible to put peripheral lesion through.  In such case, dissection of the peripheral lesion progresses would not be blockade.  Stingray is used for such circumstance to make high success rate of reentry.  Dr. Hill names it as Controlled Dissection.

Because of wide dissection by knuckle wire and the STAR technique, there is possibility it may spread on ahead, than it became uncontrollable. It is too late to have Stingray when wide dissection between Antegrade and wire had been made.  The concept of usage of Crosser for CTO of peripheral SFA at SCVC is exactly the same.  The most importantly, pushing catheter forward peripheral speedily with making small dissection is essential.

Control dissection is the key.  What Dr. Hill taught us was very logical.

I am looking forward to using CrossBoss and Stingray in the near future

0 件のコメント: