札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2015年1月18日日曜日

愛読書

稲盛さんの本は好きでよく読みますが、この生き方という本は、すでに購入してから、5−6回以上読んでいます。
僕が目指す方向が書いているような気がしています。

仕事は、人生修業、魂を高めるため。
3毒、怒り、欲望、妬みは過度すぎると、人生をだめにする。
トラブルなどの問題は、自分の魂の業を落とすためのもので、それをしっかり解決するように努力することが魂を高める。
利他の心で生きる。

いつ読んでも、新鮮で、僕の琴線に触れます。

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

業とかいうと、死後の世界ってあるんでしょうか?
東大教授の矢作直樹氏もあると断言してますよね?

rotaman さんのコメント...

仏教では魂は、輪廻転生するといわれています。僕もそう思っています。死後の世界については、完全に肉体が滅んだあとには、魂は残るとしても、それはいまの自我がなくなった状態なので、いまの自分がおなじように意識をもって、死後の世界をみれるかは、わかりません。

一度亡くなったと思った方が戻ってきたときに、幽体離脱をしていることがありますが、あれは、あくまではまだ肉体が残っている状態ですので、肉体が本当になくなったら、それが現実なのか?脳内でおこっている事象なのかは、だれもわかりません。

でも、僕は自分の自我を開放して、客観的にみれるように訓練をしています。それが、煩悩から逃れる一つの方法だと思っています。

答えになっていませんが、僕の人生および魂感でした。

水谷一輝 さんのコメント...

2/18にお世話になりました、大阪市大の水谷です。
私もこの本を愛読しております。
CEOの足下にも及びませんが、CEOの信念・思想に
sympathyを勝手に感じまくっております。
今後ともご指導よろしくお願い致します!

rotaman さんのコメント...

水谷先生ありがとうございます。先生のような30代前半の先生がこの本を理解し、実践していることをとても、頼もしくおもいます。これから、一緒に真摯にがんばっていきましょう。当院の若手との交流をお願いします。

水谷一輝 さんのコメント...

ありがとうございます!
まずは患者さんのために全力で頑張ります。
そして、学会での発表にも力を入れていくつもりですので、札幌ライブへも是非演題を出して行きます!
立ち止まってる暇はありません!!