札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2015年1月31日土曜日

生き方

イチローが移籍にあたって、

新しい場所に行って、新しいユニホームを着てプレーすることに決まりましたが、これからも応援よろしくお願いします…とは僕は絶対に言いません。応援していただけるような選手であるために、自分がやらなくてはいけないことを続けていく、ということをお約束して、それをメッセージとさせていただいてもよろしいでしょうか

と言ったとニュースにあります。

この発言からも、イチロー選手のストイックさが、理解されます。プロは、応援を依頼するものではないスタンスです。成績が悪ければ罵倒されても構わない。でも、自分を磨き、結果として応援される選手になるように努力を惜しまない。他人の評価を気にしないでかつ、自責の気持ちのつよい人だと思います。

同様なことに、自分の首位打者がかかったときでも、ライバルの数字が気になりますか?という問いに対して、興味がないと答えたとなっています。
これは、自分でコントロールできない部分に関して、時間を費やすことの意味のなさをよくしっている証拠です。そんな暇があったら、自分の成績をあげるように努力する。自分のコントロールできない部分には、時間を割かない。(他人の成績、噂などなど)。

結局は、どれだけ自分が納得できるように自分を高められるか?それが重要だとういうことです。
自分のコントロールできない部分それは、自分以外のできごとすべてが当てはまります。逆には、自分でコントロールできる部分を磨くことが大切ということです。
以前にも、書きましたが、他人からの噂、罵詈雑言、などは言っている相手はコントロールできませんので、それを気にする自分をコントロールすればいいだけだということです。

簡単なことです。

ぼくも、イチローさんと同じように自責的に動く人間です。しかし人間には性があります。それにまけないように常に自分を律し続ける姿勢が必要だと思います。
その積み重ねが、自分の魂を磨くことになるんでしょうが。

0 件のコメント: