札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2015年1月30日金曜日

仕事をうまくいかせるためには、

おのおののスキルを上げること、徹底したマニュアル作り、報連相の仕組みづくりなどなど色々とあります。
それはとても重要なことですが、それ以上に大切なことは、職員一人一人が良い魂を持ちながら仕事をすることなんです。
仕事に対して、自分の魂を磨くためにやっているんだという認識を持つことなんです。

それを持たないと、不平不満、怒り、妬み、悪口、手抜きなど、人としての性がでてきます。それを持った状態では、いかによい仕組みを作って仕事をさせようとしても、無理です。

仕事をする一人一人が自分の魂を磨くということに、気付いて仕事ができれば最高ですね。

僕は、人がネガティブな発言や心持ちをしているとすぐにわかります。そしてそのような人を避けるようになります。それは自分の魂が影響されたくないからだと、思います。

でも、一緒に働くのであれば、一生楽しく働いていいたい、一人でもそれに気がついてくれるように努力はしていきます。

7 件のコメント:

I love yuko さんのコメント...

仕事をしていて、人の悪口を言う人がいます。自分も人の事を言えませんが、人の悪口はよくないと思います。なんか雰囲気も悪くなるし、自分も良い気がしません。だから、人の悪口はやめるべきです。先生は、どう思われますか?

rotaman さんのコメント...

そのとおりです。人は噂話しは好きです。それも悪意のないうわさ話をです。でも、それをそれた人は悪口に聞こえるとおもいます。

人の悪口を言えば、必ず自分に返ってきます。魂が汚れます。
人の欠点は、好意をもって、指摘するのが一番ですね。

匿名 さんのコメント...

家族が藤田先生にお世話になっております。
数日前に近くの病院へ緊急入院しました。
3種類の薬を1日2回朝・夕各1錠服用していますが、1種類をこれは1日3回だと無理やり昼食後に飲まされたと、憤慨して電話が来ました。
たとえ3回飲む人がいたにしても、主治医が必要に応じた用法・用量なのに驚きました。
藤田先生に電話すると言えば良かったのにと、本当に腹が立ちました。
私もインフルエンザで行く事が出来ず、情けなく思います。
おまけに既往症や現在の身体状態等、何も把握してくれてなく物を扱う如くです。
巷の噂にはよく耳にしていましたが、大当たりでした。
私が今まで入院した所は、ハートセンターをはじめ、看護師さんが実によく患者の状態を把握して、不安を感じる事がありませんでした。
この差は何でしょうか。

rotaman さんのコメント...

遠慮なく電話ください。いまどこに入院したかは、わかりませんが、困ったことがあれば、当院に連絡ください。

当院の患者さんであれば、循環器以外もちゃんと診ますので、今後は遠慮なくいってください。

匿名 さんのコメント...

藤田先生有難うございます。
残念ながら地方の為、緊急時には仕方ないです。
院外処方の用法・用量の記載されたものを置いてきました。
何かあったら先生に連絡して確認してもらうようにと言って来ました。

rotaman さんのコメント...

了解です。

匿名 さんのコメント...

藤田先生お休みに日に申し訳ありません。
薬の事でお伺いしたいので、携帯にメールを送らせて頂きます。