札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2015年9月24日木曜日

中国武者修行。

本日から、菅野、杉江が中国に当院を代表して、PCIの手技および講演のために出発しました。
これは、彼らが次のステップに上がるために必要な修行です。僕らがいないところで、自分の力でどこまでできるようになるか大変勉強になると思います。
また、今後、中国の先生の研修も当院で受けるようにしました。
その先生との会話は当然英語です。当院の先生方の英語のコミュニケーション能力を高めるための一つの方法として考えています。

僕が海外に出張して、手技をしても、札幌ハートセンターのメリットは少ないです。それより、これから若い部下のために貴重な機会をどんどん与えて、スキルアップにつなげて欲しいと願います。

それが最終的に札幌ハートセンターのためになり、患者さんの役に立てると信じています。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ドクターは、相当な精神的ストレスを持っていると思います。
また、一人前のドクターは、誰もみな十字架を背負っているそうです。
負けないでください。
修羅場もあるでしょう、世界中の人々の交流を深めて、これからの医療を背をってください。
命と命です。

rotaman さんのコメント...

コメントありがとうございます。僕らは、とくに循環器ですから、命を預かっています。カテーテル治療をしないで、薬でみていれば、間違いなく安全です。でも、本当に必要な人に確実な技術を持って提供するためには、僕らは自分の命と心と体を削って、がんばっていかないと、神様が応援してくれません。

命を預かる職業ですので、天命だと思っています。