札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年3月15日土曜日

サービスって。

最近、旅行会社でのトラブルが勉強になりました。

一例は、搭乗時間30分前に、突然成田から電話を旅行会社の人が電話を僕にしてきて、すぐに健康という証明をファックスをもらわなければ飛行機に乗れませんと言われました。

すでに深夜であり、ファックスの返事が30分かかる旨を伝えましたが、飛行機の会社の人と話しをしてみると、すでに搭乗手続きは、終了時間を5分超えているとのこと。

結局この、旅行会社の人は、僕から診断書がもらえないから、搭乗ができなかったという風にしたかったのかもしれません。

そして、その人にアテンドであるならば、ちゃんとそのような文書を用意してから、連れてくるべきですね。と言ったら、いまから連れていくので、その前のことは。。。。。

とのこと。

呆れてしまいました。

サービス業の基本は、誠心誠意であることが大切だと認識しました。ミスやトラブルは起きてはいけませんが、それが起きて困るのは、カスタマーです。そのカスタマーに誠心誠意で対応しないといけないとおもいます。

我々も学ぶ必要があります。

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

藤田先生、こんにちわ。自分も一循環器医で現在はとある関東の病院に勤務しており、先生の大学のだいぶん後輩にあたります。

ブログ拝見しましたが、ほんとに呆れてしまいますね。こういう人は「出来ないための理由」を探すのに長けている人なのでしょうね。言い方を変えると「全力」で言い訳ばかりする人です。「どうすればうまくいくのか」、ということを知恵を絞って考える事から逃げてしまっているのです。こういう人はどこの世界にもいますよね。医療の世界では言わずもがな、です。言い訳するための労力の1/10でも仕事のために使えよ、と思ってしまいますよね。

匿名 さんのコメント...

追伸になりますが、自分もこういう風にならないように自ら自分を戒めないとならないと思いました。

rotaman さんのコメント...

後輩先生、コメントありがとう。

頼もしい限りです。医療の世界でも、このような人は沢山います。でも、医療も患者さん第一は基本です。

期待しています。