札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年5月20日火曜日

日本人の良さ、悪さ。

村社会の習慣があるせいで、そのなかでの標準を少しでも、超すといわゆる村八分的なことがおきるます。それは、日本のいろんな集団の中でおきます。逆に標準から下回ると、村全体で助けてあげるというよい面もあります。

村社会は、会社でも、奥様の集会でも、僕らの循環器の医者の集団でも、大きな集団から小さな集団まで同様な村八分的なことがおきます。

今日は、一緒にいるアテンドの人に、奥さんに鞄でも、買ってあげたらと言ったら、いままで買ったいい鞄も、持ってあるいていると、調子こいていると言われるので、持ってあるけないそうです。もし持ってあるいているところを見つけられたら、フェイクと言うしかないそうです。

そんな些細なことでも、村八分が起きるんだなーと勉強になりました。
社会主義国でも、こんなことは起きないので、やはりこれは日本に島国に根付いた風土なんでしょうか?

リスクと努力を背負ったものが、結果としてお金を稼ぐことが、恥とするのならば、誰も努力しなくなります。人の成功を誉め称えるようになって欲しいものです。
開業時に僕について来てくれて、僕と一緒に地獄のような努力をしてくれた仲間は、当然いろんな意味で優遇されるのは当然であり、それを僕はいつも心から感謝しています。

人を妬む、貶めることは、決してよいことではなく、お互いの幸せを願いたいものです。


5 件のコメント:

ピッコロ さんのコメント...

人を妬む、貶めるという行為は、この先よりエスカレートするのではないでしょうか。しかもより陰湿なやり口で。
何事もナルシストはダメ、謙虚であるべきですね。
でも、人を貶めることをすると、必ず自身に返ってくるものです。

rotaman さんのコメント...

ピッコロさん、そのとおりです。神様がみていいますので、人を貶めると、必ず自分にかえってきます。
でも、それにみんな気がつかないんですね。

噂好きなのは、ひとつのコミニュケーションツールとしては僕も好きですが、それが度を超すと、村八分になります。
僕ら日本人の遺伝子にたぶんそれがインプットされているのではないでしょうか?

気をつけなければいけません

ピッコロ さんのコメント...

どうして人は妬み、貶めようと思うのでしょうか。私の職場ではそれが日常的であり、見たり聞いたりするだけでウンザリです。
妬んだり人を貶める輩は決まって怠け者だったりもします。

yuzu さんのコメント...

口を開けば他人の悪口しか言わない人がいますね。
それも毎回同じことを聞かされていては、ストレスになります。
そういう人に限って、自分の事は遠回しに褒めるのですから、返事に困ります。
噂にしても楽しい事なら良いのですけれど。
特に女性は好きですね、他人の噂話。

火曜日は鵜野先生の外来受診日でした。
凄い沢山の患者さんでしたが、待合室の椅子の数が増えたので、席を立って戻ったら座る場所がない状態が解消されて、本当に良かったです。
横に座っていた患者さん同士が、藤田先生の噂話をしていました。
先生の仕事の様子など話されて、「藤田先生は長生きしない」とお互いに納得した状態でした。
外科もそうですが、カテーテル治療の様な神経を集中させる治療をあれだけの件数をされていると、長生きしないと噂されているのもうなずける気がします。
不整脈もある時から突然出なくなって、病院も薬も縁がなくなれば良いのですが、突然死するような事でもなければまぁ良いかなと思います。

先生方にはいつまでもお元気で、第一線で活躍して頂きたいですね。

rotaman さんのコメント...

yuzuさん、ちゃんとペットを含めた人間ドックを定期的に受けています。
ピッコロさん、日常的にそのようなことが起きると具合が悪くなりますね。
でも、そのような輩の方は、かならず因果応報が待っています。
かわいそうだと思ってあげましょう。