札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年5月7日水曜日

CLI ATAのCTO

入り口をIVUSで確認してからATAのCTOをクロッサー単独で施行。
末梢で抜けるとおもいましたが、抜けず、GWによるリクロスが必要でしたが、その後のバルーンの反応がよく、subでも、きれいなsubをつくるのかもしれません。動画は、綺麗にCTOをすすむクロッサーです。

0 件のコメント: