札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年5月2日金曜日

家内工業的なものから、会社組織へ。

開業時は19床のクリニックで、医師も僕含めて3人でほとんど、一人ですべてを仕切っていたので、決め事は僕を中心に動けば、いわゆる阿吽の呼吸ですべてがすばやくうまくいっていました。

現在は70床以上の病院になり、医師も約20人、職員も増えて、病院として必須な委員会など様々な取り決めがいろんな場所で決まっています。
それを医局全体に周知徹底させることが阿吽の呼吸ですることが難しくなってきています。
ちゃんとした医局という組織として機能させる必要がある時期に来ています。
他の部門の同様だとおもいます。

家内工業的な阿吽の呼吸でできる職場というのが、ミスが少なく、効率もとてもいいので、それができるような組織づくりをしていきたいとおもいます。

朝の朝礼で、病院の内容や、僕らのおもいは職員に伝えるようにしています。そして、日報や病院で決まったできごとは、日報などで配られるになっています。
しかし、職員が多くなり周知徹底ができていません。しっかりやっていきます。

0 件のコメント: