札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2013年11月9日土曜日

わからなければ、大丈夫?????

いま問題になっている食品偽装、誤表示や、以前いた病院での組織ぐるみおよび家族ぐるみの選挙活動?など問題になっていますが、根本は、すべて、やってはいけないことをやっているわけです。どうして、やってはいけないことをやっているのか?理由は簡単です。
わからなければ大丈夫という気持ちもしくは、わからないようにするのが、プロだなんて?とんでもない発想を持つからです。
そして、皆がそうしているんだから、うまくやらなきゃだめだというふうになります。

このような発想で、食品偽装、選挙応援などがされたいくのだと思います。

当院も、医療を患者さんに提供をしています。医療法および診療報酬という枠の中でやらしてもらっています。当然そのためには、色々とクリアをしなければ、いけない基準が沢山あります。看護師の配置や、当直などあります。
あってはいけないことに、当直をしていないにしているようにしたり、看護婦の数が足りないのに、水まししたり、医療消耗品を代替請求したり、など挙げられるます。

当院では、どんな小さなことでも、一切の不正もしくは、拡大解釈をさせません。それが決められたルールのなかで、やるための最低限のマナーだと思います。

その最低限のマナーが、皆がやっているからとか?わからなければ、大丈夫などといって、守られないので、皆さん、最後はバチが当たるのではないでしょうか?

朝の朝礼でいっています。神様が診ています。患者さんのために正しい医療をしっかりしなければ、必ずバチがあたります。



2 件のコメント:

yuzu さんのコメント...

最近は連日、食品偽装の問題が報道されていますが、過去には偽装が原因で企業が成り立たなかった例が沢山あるのに懲りないものですね。
周囲を欺いても、自分自身は真実を知っているのです。

先日知人の方がなくなりました。
地域や社会に貢献し、信仰深くとても良い家族関係でした。
あまりにも急な逝去に、皆が驚きを隠せませんでした。

葬儀の時の聖書の中に、人は何も持たないで生まれてくる、そして何も持たないで死んでいく・そんな一説がありました。
唯一持って行けるのは、沢山の想いでしょうか。
一生懸命生きてしっかり仕事をして、いい人生だったと思いたいものです。

rotaman さんのコメント...

yuzuさんコメントありがとうございます。まじめに一生懸命生きて、来世につなげる。それが、徳を磨くことだとおもいます。

わからなければ、いいんだとか?論外ですね。

その知人の方は、徳を磨き、来世につながったいるとおもいます。