札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2014年4月9日水曜日

contemporary RCART

1月にも書きましたが、GAIA時代のreverse CARTはバルーンが2.5の小さなバルーンで可能になっています。

レトロからGAIAを操作してアンテのバルーンの横から先端をデフレクションを利用してバルーン側にワイヤーを押し付けて、アンテのバルーンのデフレートとともにワイヤーが抜けるという方法です。

このための条件としては、レトロからのワイヤールーメンに解離などのスペースを作らないもしくは、作ったスペースをアンテのバルーンでつぶしているというイメージで、ワイヤーがデフレクションしてバルーンの方向に向くようにします。

GAIAの操作で方向向けのみ回して、押すときは回さないで進むことが、解離をつくることなくワイヤーをすすめることが可能なのです。

通常のCTOワイヤーであれば、ワイヤーを回して進めるので、容易に解離をつくりその解離のスペースでワイヤーが遊んでデフレクションできなくなってしまいます。

また、バルーンに向けて押すことにより固いバルーンと皮一枚のプラークをGAIAが通過させやすくする効果もあるのかもしれません。

GAIAのデフレクションの特徴と、操作の仕方と、解離がワイヤーでどうしてつくられるか?
もし、この文書を呼んでも理解できなければ、朝日インテックに聞いて勉強してください。

0 件のコメント: