札幌ハートセンター

札幌ハートセンター

2013年12月18日水曜日

MTRA

LCXのOSからの病変に対して、ロタブレーターを低速ロタブレーターで削って、1気圧でバルーンをします。

うまくバイアスがかかると1.75でスライボの如く石灰化の方にえぐれるようにバーが入り雪だるまのような形で削れます。

ステントをいれないでも、十分な内腔が得られます。

当然ながら、10万で削るとじっくりしっかりと削れます。ここを高速でやるとバーが勢いで通過するだけで、十分なデバルクができません。

メタルステントを入れない治療が、これから、来るべきBVS,DEBの時代に、必要だとおもいます。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ひとつ教えてください。
このような症例の場合、先生はロタフロッピーを使われますか?それともよりバイアスをかけるためにロタサポートを使われますか?

rotaman さんのコメント...

コメントありがとうLCXに関しては、予想以上にバイアスがロタフロッピーでもかかります。びっくりするほどえぐれますので、フロッピーがベストです。LADのOSに関しては、削りがわるければ、サポートでバイアスをかえることも考えていますが、以上の理由から、フロッピーで目的を達しています。

ただ、高速ペッキングだと削りが悪くなるので、サポーtが必要かもしれません。低速であれば、十分削れますよ。

匿名 さんのコメント...

ご多忙のところ、ご返信ありがとうございました。
たいへん勉強になりました。

先生のブログ、ほぼ毎日拝見しております。
(1) PCI、PTA、これらの勉強になる
(2) 医師としての勉強になる
(3) 人間として(or 管理者として)勉強になる。

これからも先生から学ばせていただきます。この度も迅速なご対応まことにありがとうございました。

先生はお忘れでしょうが、心の中では先生を"Rotaの師匠"と仰いでいる流浪人より

rotaman さんのコメント...

コメントありがとうございます。

これからも、なにかあれば、コメントしてください。